丸加のお墓づくり

お墓はなんおためにつくるのでしょう

マルカが一番大切にしていることです。

hyakunen「故人を埋葬するため」「亡くなった方の家」「お盆に参るため」「みんなが建てるから」人それぞれ。いろいろな考えをお持ちだと思います。
私たちが、この世に生きているのは、親があり。お祖父さんお祖母さんがあり、曽祖父がいらっしゃるようにご先祖様のお陰です。ご先祖様に感謝し、今生かされている家族の幸せをお祈りする場所がお墓なのです。
あの世とこの世が心で通じ合うふるさと(通じるよりどころ)として、家族のシンボルとなるのがお墓です。お子様たちも日常的にお参りでき、生きることの大 切さを改めて知り、ご先祖様と思い出の会える場所、そして末永くご子孫の繁栄を願う場所です。
この想いがあれば、お墓を買うという気持ちにはならないはずです。大切な場所をお客様と一緒につくっていく、それがマルカの「お墓づくり」です。

百年のお墓

マルカ石材は百年のお墓をご提案しています!

百年のお墓の想い

百年経ても「傾かない基礎」「納骨堂が侵食しない」「風化・老朽化して色褪せしない」「欠けや傷に強く、清掃やメンテナンスが容易」「地震などの災害にも耐える」お墓づくりを提案しています。
弊社は創業時から、まだ稀であった「御影石のお墓づくり」を先代がすすめてきました。当時は「価格が高い」「加工に手間がかかる」など割に合わない御影石にこだわり続けました。
二代目の私は公共事業などの土木・建設現場経験から「丈夫で長持ち」安全で安心できる」技術を学びました。橋やビルなどの建築物は百年以上安心して使えるように設計され、耐久性を持った材料や工法を行う仕事を経験してきました。
お墓も「百年以上耐える技術」をめざし、お客様とも「百年以上安心してお付き合いできる」石屋でなければと確信します。
二代目 加納孝通

百年以上安心できる「基礎」

お墓の敷地は、安定した地盤が一番ですが、平坦でも軟弱な土地であったり斜面地であったり、樹木があったりとさまざまです。マルカはあらかじお客様のお墓の敷地について、また場合によっては周辺の土地についても調べてお客様にご報告をしております。
マルカのつくる基礎や地盤は数多くの施工経験と専門の技術者(一級土木施工管理技士【国家資格】、一級建築施工管理技師【国家資格】、コンクリート技士【国家資格】)を揃え頑強で確実な基礎をおこないます。さらに敷地によっては充分な排水施工をおこない「百年以上安心できる基礎づくり」をおこないます。

百年の雨風や暑さ寒さに耐える「石選びと加工技術」

御影石は硬く、吸水性、耐塩性に優れており、お墓の材料として優れた材料です。弊社は創業以来御影石専門店として、今までに約3000基以上の御影石のお墓を手がけてきました。
墓石は御影の大きな原石からヒビや傷を避けて、確かな材料を選びます。時には大きな原石から僅かしか利用できないケースもあります。材料の選定は確かな目利き職人の経験により、お客様には確かな墓石を選んでおります。
近年は材料が枯渇化してきており、貴重な国内産はもとより外国産についても品質を保証する材料だけを扱っています。(弊社は日本石材産業協会がおこなう「石材産地証明書」を発行しています)

百年経っても「品格」を保つ

ご先祖様を敬い、お参りされる方の趣をいかし、末永い家の繁栄を願ったお墓づくりをお手伝いしています。
飽きのこないデザインと使いやすさ、そして品格あるお墓づくりをご提案させていただいております。目に見える墓石・台座・玉砂利・灯篭などはお客様のご意向を承り、隠れた部分の基礎、納骨堂などは、弊社独自の技術と経験をいかして確かで丁寧な施工をいたします。
国産墓石ならではの素材の魅力をいかし、品格を末永く保ちます。

kokusan